FC2ブログ

oooh! yeah?!

おーいえ(家)ー

夜空

を見上げてあーでもないこーでもないとやっているお母さん

IMG_20190521_194111_R - コピー

しばらく部屋で待っていたけど
ぜんぜん帰ってこないから、お姉さんと迎えにでました。
むしろこっちおいでーとか言ってる。
暗闇には、むやみにいるもんじゃない。

改心

反省したぼくは態度をあらためてみた

IMG_20190518_140842_R - コピー

ただ、そばにいる。
むだなことはいわないし、しない。


それが功を奏してか、
最後には女子トークにまで参加

IMG_20190519_112154_R - コピー

なにかをつかんだ感がある。
これをさらに今後につなげていくつもりだ。

後悔先に立たず

ぼくは、ただ、おねえさんたちとおいかけっこしてあそびたかっただけなんだ、、、

IMG_20190519_072800_R - コピー
19/5/19

お母さんはぼくの姿を見て大笑いしたけど
ぼくははっきりいって、
ぜんぜんおもしろくない。

探犬隊

発足
隊員募集中

おかーさん
できれば

IMG_20190529_085855_R - コピー

ライト付きヘルメットを犬数分用意してください。
いまのところは一つでおっけー

IMG_20190529_090455_R - コピー
29/5/19

ちなみに、ぼく(ら)は、お宝を発見したら、安全な場所で精査します。
全て終えたらお母さんに報告して終了。
最後まで気は抜かない。

モップ犬

ぼくははじめてであった時から、そうじきがきらいだ
初対面なのに無遠慮でいばっているような気がする。

IMG_20190516_090544_R - コピー

それにくらべ、モップという方は、
動きも見た目も感触もとても感じがよくぼくは一目で好きになった。
お母さんはだめと言ったけど、大好きで大好きでしかたなくて
掃除の間中思いっきりとびかかってみたり引きずられたりして一緒に遊んでいたんだ。

そんなある日ぼくは掃除の時以外にもモップと遊びたくなって
モップが眠る部屋にこっそりしんにゅうし、あそぼーよ、と、思いっきりひっぱってみた。
すると予想に反し、

ぼくのほうへ覆いかぶされるようにして向かってきておまけに、ものすごい音を立てたんだ‼
ぼくはおしりを丸めて一目散にお母さんのところまで逃げた。

こうしてぼくはモップとの友情をぶち壊し、モップ犬になりそこね

、、、、、

それからは、つかずはなれずのかんけいを

IMG_20190516_093112_R - コピー
16/5/19

たもっています。
ちーん
orz

家族の木2

いてっ!
この木の葉っぱの先端には
するどいトゲがある!

IMG_20190517_130912_R - コピー
17/5/19

おかあさん、
あぶない木は植えないでください。

トイレトレーニング

お食事中の方失礼致します。
これからトイレの話をしたいと思います。

そもそもぼくはこの家に来てから紙の上でトイレ。と決めていた。

IMG_20190508_084825_R - コピー

ので、お母さんはあらーらくねー。と喜んでいた。
ただ、その紙の範囲が日に日に狭められ、

そうしてこんな風にトイレ中に写真を撮られるのはとても気分が悪かったので

IMG_20190508_134020_R - コピー

ぼくはトイレを絨毯の上にすることにきめた。
紙の上より、ふかふかで快適♥

そんな充実したトイレライフを送っていたら、
ある日プライバシー100%保証のトイレが用意された。
おまけにここでトイレをするとおやつがつくときもある‼

わお。

12-6-19.png

ここでしない理由はないからぼくは今はここでしています。

でも、一つだけ自分の中でルールがある。
みんなが気ぜわしくしていて、ぼくのことが全く見えていないようにふるまうとき、
ぼくはトイレでトイレをしないという形で、ぼくの存在を家族のみんなに知らせると、決めている。

最近ようやくお母さんは、
子犬だからじゃない。これはトイレの失敗とは言わない。確信犯だ。
と言いだした。

そういうこと。

チア予選

気軽に始めたチア

IMG_20190511_104526_R (2)
11/5/19

今年は、せっかくだから、娘は大会に出るチームに入ってみた。

想像よりずっとちゃんと審査する雰囲気が出来上がっていて、
勝手に屋外、きゃっきゃっと踊るんだろうと、リラックスムード満点で来た、母(私)驚く。
娘は一瞬凍り付く。
でも審査員の目の前で笑顔でチームの一員として娘は踊っていた。
その姿に母は感動。
おおきくなったよー
香港よりさらにアウェー感漂う異文化の中でよく頑張ってるよー(涙)
ちなみに予選通過しましたー。
おめでとう♪

初めてのおでかけ

この家のお父さんがいった
よーし今日は、てつを連れておでかけするぞ。
てつとはぼくの日本名である

IMG_20190505_135518_R - コピー

お母さんはいった
え、平気かな?小さすぎない?

お姉さんはいった
まぁーまぁーいーきたーい

何事にも躊躇せずまずやってみる。精神を中華圏の人々から学び、
自分もと、ここ数年の目標に掲げているお母さんはいった。
わかった。
でも、ダメだったらすぐ帰ってくるからね

あたかも自分が先頭きって動きそうな口ぶりではあるが
運転して現地まで連れて行くのはお父さんである。

IMG_20190505_135651_R - コピー
5/5/2019

そんなえせリーダーの意見にみんな納得して出発。
そして、
現地についたぼくはりっぱに初の外出を楽しんでみせたし、
お母さんは見事にぼくを放置してみせた。
もう少しぼくや家族のことに気をつかってくれても良かったと思います。

お迎え

初めてぼくがお姉さんを学校まで迎えにいったとき

IMG_20190501_165334_R - コピー
1/5/2019

ぼくは基本的には、おとなしくて落ち着いている。
むちゃだってあんまりしない。
けんじつな性格だ。

咬みつき犬

僕が2か月の頃

IMG_20190502_134647_R - コピー
2/5/19

たった一か月前なのに、ぼくの体はすでに一回りは大きくなっている。
だからお母さんは焦っているらしい。
ぼくのせいちょうが早すぎてお母さんの日記のペースに追いつかないそうだ。
ということで、しばらくはぼくの日記が続きそうである。

ぼくがこの家にきたころ、こうやって、手で遊んでくれたためぼくはしばらくの間
りっぱな咬みつき犬としてこの家に君臨した。

IMG_20190502_134040_R - コピー

でも、今では、咬みつくとみんな嫌がるし、おもちゃを持ってきた方がぼくといっしょに遊んで
くれるので咬みつくのはやめた。

この家のお父さんもお母さんも家に犬がいたことはあるけどちゃんと育てるのは初めてなようなので
途中でいろいろ方針がかわり、ぼくは正直なところ、迷惑こうむっています。

まぁ、長男、長女あるあるってことで長男の宿命。
おおらかに見守ることにした。

お母さんしっかり頼みますよ。

カンタスエア

カンガルーを知り尽くしている国の

IMG_20190501_160205_R - コピー
1/5/19

さすがな
デザイン

Qantas_R.png



***
今日は家の中でコート着用
こっちの冬は家の中にいるより外にいる方が暖かいんだけど、
今日は外で吹いてる風が冷たいー
スリッパとして使えるようなUGGブーツみたいなのがたくさん売られてるんだけどそれ検討中
ちなみに我が家の子犬はよゆー。

精根尽き果てる

ぼくは社交性というもの身に着けるために犬の学校へ行った。

IMG_20190602_133655_R - コピー
2/6/2019

ぼくと同じぐらいの年齢のお友達がほかに4人ぐらいいたけど、みんなぼく以上に積極的な
お友達ばかりだった。

全力で頑張り、疲れ切って、大好きなお姉さんがそばにいるのに身動き一つとる元気もないヒト(犬)を見て
大笑いして写真までとるお母さん。
なんてしっけいな、、と思いながらも、ぼくはお姉さん曰く
骨がないみたいにぐにゃぐにゃな状態
で寝続けた。

ちなみにこの後、二人は、ぼくをお昼寝させるために、とか何とか言って、買い物に行く準備をし始めたので、
無理やり目をこじ開けて、かなり怒って見せたけど、全然相手にされなかった。
orz

からおとなしく寝て待つことにした。
犬生なかなか思い通りにはいかない。

ゴールデンウィーク事件簿

街(⁼ブリスベン)までパスポー引き取りにやってきた

IMG_20190502_112230_R - コピー

帰りの電車用におやつ(=マックのポテト)を親子二人で相談して買った。
出だしは仲良し

数十分後

夫:まま、くれない‼(ポテトの入った袋をひっぱる)
娘:(笑いながら)まーまー

2-5-2019.png

母:ままままって言わないで。二人でちゃんと話し合いなよー
夫&娘:まぁまぁーーーーーーー

この後不穏な空気が流れ、親子喧嘩となり娘、涙
なんじゃそりゃ。
楽しく笑顔で行って帰ってくるはずの電車小旅行が、、

兄弟

ぼくの兄
数時間だけだったがこの家の家族に確かになり、そして帰っていった。

19428.png

ぼくの兄は、とても積極的な性格で、家に入ってすぐに家じゅう駆けずり回っていたそうだ。

そして、
これがぼく。

IMG_20190430_192228_R.png

ぼくは、毎日、家の床のタイル一枚分ずつ行動範囲を広げていく超慎重派
危なそうなところへは絶対近づかないことをモットーに日々過ごしている。

同じお母さんのおなかから出てきて、顔も体型もそっくりなのに、
全然性格がちがうねー
あぁー面白い
なんて会話も耳にする。

そんなの当たり前。
同じおなかから出てきたからって、同じ、な、はずがない

ちなみに今日は僕がこの家にきて約一か月
とうとうぼくはケージから脱走して、玄関手前の壁から半分顔をだして、
お母さんの帰宅に備えてみた。
その姿を見たお母さん、まさに目を疑う。
といった様子
ぷぷぷ。
顔半分しか出さなかったのは様子見です。
決して怖いからとかそういう理由じゃない。
お母さんは大きくなったら探偵にでもなるつもり?とぼくに聞いたけど、
まだ生まれて三か月、将来のことなんて決められない。
というのが正直なところ。
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30